ハリポタファンには堪らないシドニー3つの観光ポイント – 南半球からでもホグワーツに入学できるかも !?

IMG_2841もともとイギリスの植民地だったオーストラリア。建物や文化もイギリスの影響を受けたものが多く残っています.

 

私はハリーポッターの大ファンで、海外生活への憧れはここから始まったといっても過言ではありません。

 

そのため「それっぽい」建物や景色を見ると大興奮!

 

今回はシドニーの観光スポットの中でも、ハリーポッターファンに堪らない3つの観光ポイントをご紹介します。

 

ハリーポッターファンの私が自信を持ってオススメするスポットです!

1, 南半球のホグワーツ!シドニー大学

IMG_4209
シドニー大学はオーストラリアで最も古い歴史をもつ大学でキャンパス内の一部はオックスブリッジ式のメインキャンパスとなっています。

 

つまり映画版ハリーポッターの撮影舞台ともなった、オックスフォード大学と同じタイプの建築物があるのです。

 

シドニー学生に混じって近所の人が犬の散歩をしたり、ベビーカーを押すママが芝生でピクニックをしていたりと開放的な空間で、観光客がふらっと立ち寄っても見事にまわりに溶け込めます。

 

クイディッチの準備はいい?
IMG_0931

ハーマイオニーになりきって写真を撮れるスポットです。カメラと本を持っていきましょう。
IMG_0938
シドニー市街地から歩いて30分、バスで約10分とほど近い場所なのでちょっと足を伸ばすにも良い場所です。

2, 禁じられた書もあるのかな?州立図書館

Nsw-state-library引用源: Should I study at the NSW state library?
NSW州立図書館は、最近できたガラス張りの新館マッコーリウィングと旧館のミッシェルウィングの2つの建物からなっていますが、この旧館の図書館がまさにハリーポッターの世界。

天井まで届く本棚に本、本、本…!!!

 

なんとこちらの旧館、1826年に開館された約200年も続く歴史のある図書館

 

中に入るにはロッカーに荷物を預け、最低限のものをもって入らなければなりませんが、ハリポタファンなら興奮すること間違いなしの「訪れる価値あり」な図書館です。

 

新刊の方はガラス張りで近代的ですが、勉強や仕事などの作業用にはピッタリの落ち着いた空間です。

3, シドニーのダイアゴン横町!?ロックス地区

IMG_2837
最後は観光地としても人気で有名な歴史のあるロックス地区。

 

1788年にイギリスから会社最初の最初の夕植民者たちが街を築いたのがこのロックス地区。

 

ロックスの歴史はシドニーの歴史、すなわちオーストラリアの歴史といわれるほど歴史のある地区です。

 

Nursary Walkと言われる狭い路地裏はまるでダイアゴン横町
IMG_2820

ハーバーブリッジにつながるアーガイル・カットは夜になると幽霊がでるとも言われています。

ゴーストツアーもやっていますので気になる方は是非申し込んでみてください。
rocks_tour引用源: The Rocks website

いかがでしたか?

シドニーのハリポタツアー。

底抜けに明るく南の島のイメージがあるオーストラリアですが、イギリスの植民地としての名残もたくさんあります。

意外な面も楽しんでみてくださいね。

Sponsored Link
noteもぼちぼち更新中