「怒り」がポイントカード制なのは日本人女性だけ?

突然ですが女性の皆さん、小さい小さい怒りやイライラが溜まりに溜まって彼氏や旦那さんに大爆発してしまった経験はありませんか?

 

逆に男子諸君は、「なんでこんな小さいことで怒るの!?」っていうことで女性にブチ切られた経験はありませんか?

 

漫画家の西原理恵子さんが、女性の怒りの爆発の仕方がポイントカードが溜まってキャッシュバックキャンペーンが始まるのとまったく同じメカニズムだから、といったのにはもの凄く納得がいったのですが、実はこんな怒り方をするのは日本人女性だけみたい。

私もこのキャッシュバック方式でどっかーんと爆発することがたまに、ほんとにたま〜にあるんですけど、なぜ私がそんな怒り方をするのか日本人ではない私の彼氏はとても不思議だったそうです。

すべては「良い彼女」であるために

そもそも、こういう小さい怒りが溜まるのっていちいち怒ってなんかられない程小さいことだから。

 

パンツが脱ぎっぱなしでそれが部屋の隅に山になっているだとか(ポイント1個目)。あ、彼氏のことじゃないですよ。

わたしのプリンを食べちゃったとか(ポイント2個目)。たとえ話ですから、彼氏のことじゃないですよ。

 

全部自分が「大丈夫だよ」ってニコっとして少し我慢すれば、とりあえずその場は丸く収まるし、大体こんな小さい事で怒るなんて口うるさくて器が狭いって思われそう…

 

でも最後のスタンプが溜まったら最後、今まで我慢した努力も水の泡、大キャッシュバックキャンペーンが始まります。

 

せっかくの休日なのに彼女を放置してゲームばっかりしている!(ポイント3個目、どっかーん)。あ、彼氏のことじゃn…

 

男性は最後のスタンプの事で怒っているんだと思ってビックリしますが、彼女の方は今まで溜まりに溜まった全てのことに怒っているから、そうそう怒りがおさまりません。

 

男性が最後のポイントに対して「君を放置してPS4ばっかりしてごめん」と謝っていても全然スッキリしない。するどころか「今まで我慢していたことにも謝れ!全部謝れ!」と思いながらキーッとなっています。

 

でも男性からしたらそんなのいちいち覚えてないし、もう謝ってるのになんで怒ってるのかわからない!

 

女性はその間に怒っているやらそんな自分に嫌気が差すやらで泣きたくなってきて、彼氏はPS4で遊んでいただけなのに事態は泥沼に

小爆発を頻繁に

このポイントカード式の喩えをTwitterで見かけた後に、これは分かりやすい!と思って「かれこれこういうメカニズムで、私は時々爆発しています。ごめんなさい」と私の彼氏に伝えたら

 

「そんな怒り方するのは日本人女性だけだ!」と半分泣きべそで言われました。

 

ごめんね、キャッシュバックキャンペーン中のわたし怖かったのね…

376293

「お願いだから、大爆発をせずにちまちま小爆発してほしい」ともお願いされました。

 

溜めて溜めてどっかーん!と来るくらいなら、「おかしいな、嫌だな」と思ったときにちょっと不機嫌な顔して冷静に伝えてくれればいいから、と。

 

海外生活を始めて、前よりもはっきりと自分の主張を言えるようになった私ですが、してほしくないこと、されて嫌だった事を相手にさらっと伝える技術はまだまだです。

 

一方オーストラリア人は「これはこうこうこういう理由で辞めてほしい」ってキッパリ言ってきて、こちらが「わかった。ごめんね」って和解したあとは何事もなかったかのようにサラッとしている。

 

日本人は嫌だなと思ったときはYesと良いながら笑顔で後ずさりしていつのまにか縁が切れている、なんて言われますが、日本人全体として「これ嫌です」って伝えるのは苦手行為なのかもしれないですね。

 

良い関係を長く続けるために

couple

相手が嫌がるポイントや悲しむポイントは、関係を長く続けて行きたいからこそ知っておくべきことでしょう。

 

上辺で我慢強い女子やってても何の得もありません。

 

そしてもう1つ、文句言ってるばっかりでもお互い疲れてしまうことも頭に入れておきましょう。

 

嫌な事も小出しではっきり言うけど、嬉しかった事や相手のすごいなというところも、意識してはっきり伝えることも忘れずに

シドニーでの毎日
Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です