オーストラリアの嫌なところ

以前、マッコーリー大学で3年留学をした私が考える、海外の大学に留学してよかった理由という記事を書きましたが、今回は正反対の記事。

 

オーストラリアの嫌いなところ3点です。これからオーストラリアに来る人は注意した方がいいかも、なことをご紹介します。

 

(そんなに嫌いなら、どうして住んでるの?はこちらの記事から→一度オーストラリアが大嫌いになった私が、まだオーストラリアに住んでいる理由

 

1, 物価が高すぎる!生活費が半端なく高くつきます。

price
私の住むシドニーはオーストラリアでもメルボルンと1,2を争う大都市です。物価は年々上昇し、昨年はなんとロンドンよりも物価が高い都市(つまり世界一物価が高い都市)としてランクイン。

家賃も学費も食費もすべて高くつくので、生活費が半端なく高くつきます。もちろん、物価が高い分お給料も高いのでやって行けないことはありませんが、ときどきため息をつきたくなる物価の高さです。これからオーストラリアで職探し、留学を考えている場合は下記記事も参考にお金のやりくりをうまくやっていく必要があります。

関連記事:
世界一物価が高いシドニーのお買い物
海外にいるからこそできる!留学生が十分な生活費を稼ぐ方法

2, 紫外線が強い!お肌がぼろぼろです。

IMG_6946
紫外線が強い!特に夏場は、日焼け止めをつけなければ10分もしないうちに肌がひりひりしてきます。塗ったとしても、20分おきに塗っていないとあまり効果がなく、それを知らずにビーチにいった私はひどい目にあいました(ビーチにいった後2週間は、体中の肌がぴりぴり剝けて痛いしかゆい!)。

しかし、面倒臭がってあまりケアをしないでいると、皮膚がんになったり(オーストラリア出身のハリウッド俳優ヒュージャックマンはもう三回も皮膚がんにかかっています)、年をとってから必要以上にしみだらけのシワシワの皮膚になってしまいます。

オーストラリアに来る際は日焼け止め対策を忘れずに!

参考記事: 世界一紫外線が強い国にいる私がお勧めする超有効な日焼け対策!

3, どこからも遠い!どこに行くにもお金と時間がかかります。

road
オーストラリア大陸は、どこからも離れています。日本にいくにも8時間、カナダに行くには24時間、ブラジルに行くにはなんと48時間…
もちろん、フライト時間が長くなればお金も掛かります。ヨーロッパに留学している人のように、国境を越えて色々な国に旅をすることはできません。

旅行にいくとしたら、ニュージーランドか東南アジアかな…

いかがでしたか?オーストラリアのいやなところ3点。なんだそんなものか、という人もいれば、そんなに大変なのか!というものもあったでしょうか?

いろいろな場所があり、それぞれの場所にはそれぞれの良いことと悪いことがありますが、嫌なこととも折り合ってそれでも好き!と思えるところで生きていけるのがベストですね。

関連記事:一度オーストラリアが大嫌いになった私が、まだオーストラリアに住んでいる理由

Sponsored