「やること」がどんどん溜まってストレスになる?ちゃっちゃと片付ける方法3つ

あなたには人生で達成したい大きな目標がありますか?数年後に叶えたいものでもいい、誰しもぼんやりとした「こうなったらいいな」があると思います。

よく「なりたい自分をイメージして」とか「夢が叶ったところを想像して」といいますが、想像している夢と目の前の地道な作業のギャップにがっかりしたり、途中で息切れしそうになることもある。

そうすると、やりたいことやするべきことがどんどん先延ばしになります。
climbing
ではそうなった時どうすればいいのか?

私が実践している3つのことを紹介します。

1, やることを解体する

「TOEIC900点とる!」「ブログで10万PV獲得する!」などの大きい目標ってどこから手を付けていいか分からないから「する!」っていう気持ちだけ盛り上がってなかなか具体的な行動に移せません。

地味な作業だけど小さいことから始めないといつまでたっても夢は夢のまま。

そのためにやる事を解体して細分化します。
kaitai
え?絵心がなさすぎるって…?これもすぐやった結果です。

「海外に行く!」という大きな目標は分かりやすいけど、それを解体して「リサーチをする/国を決める/期間を決める/お金を貯める/ビザを取る…」と色々に細分化される訳です。

「ブログ始める」も、「ドメイン取る/サーバーレンタルする/ブログタイトル決める…」と細々とした小さいやる事リストに解体できます。

細分化するとすることが増えたような気がしますが、この方が毎日継続してコツコツできるし、心理障壁が下がってすぐにものごとに取りかかることができますよ。

2, 毎日やる量を「自分の使える時間ベースで」決める

毎日自分にどれくらいそれに時間を割けるのか考えて、自分にちょうど良い作業量を知る事。

あまり作業量が少なすぎても物足りないし多すぎると続かないから、「簡単じゃないけど終わる」作業量を知る事が毎日続くコツです。

例えば私はこのブログで100記事行くまで毎日記事を投稿することを目標にしています。1記事書くのに大体30分から1時間。

これくらいの作業量なら、毎日時間がとれます。

3, 期間を決める

やっていることを「やるかやらないか」ではなく「どれくらいでできるか」というところにフォーカスしてやってみると意外と簡単に終わったりします。

これを2で決めた一日の作業量でコツコツやっていったら、大体どれくらいで目標に到達することができるかボトムアップで計画してみるんです。

そうすると「何年以内には挑戦してみたいなぁ」というぼんやりとした”願い”から「何年後に目標が達成できそうだぞ」という明確な”計画”に変わります。

今回紹介したこの3つの方法は「先送りせずにすぐやる人に変わる方法」という本からヒントを得て実行しているものです。

たった55のシンプルな方法ながらも、フットワークを軽くどんどんタスクをこなすことができるヒントがたくさん詰まっています。

たとえば、すぐやる人は「結果にフォーカスしない」人。

例えばあなたが営業マンだとして、10件アポとるぞ!と意気込んで電話をとると「とれるかな…」と心配になってしまいますが、「よし!100件電話掛けるぞ!」と数にフォーカスすると心の壁が低くなってさっさと行動できる、というのです。

どこかで聞いたことあるな、という方法もあれば「これは斬新!」と思う話もあって、「すぐやる人」になりたい人には一読の価値有りです。

Sponsored Link
noteもぼちぼち更新中