台北でリノベカフェに行くなら閲樂書店がオススメ!

台北では今、古い建物をリノベーションしてよみがえらせる「リノベカフェ」が流行っているのだそうです。

私も今回の台湾旅行でいくつかのリノベカフェなるものを訪ねたのですが、その中でも可愛かったのが「誠品生活 松菸店」の近くにあるブックカフェ「閲樂書店」

大きな緑の葉っぱに囲まれている入り口は、「となりのトトロ」のメイとさつきの家を彷彿とさせます。

IMG_3774
関連記事:【台湾観光】MRT市政府駅から「誠品生活 松菸店」に行く方法

 

この閲樂書店、外装も内装もとても可愛くて、本屋さんやカフェが好きな人、あるいはDIYが好きな人なんかは大好きな空間なんじゃないでしょうか。

 

もともと近くのタバコ工場で働いていた人の子どもが通う「託児所」だった建物をリノベーションして作られたカフェ&書店となっていて、落ち着くみどり色で彩られた外観もとってもキュート。

 

入り口はこんな感じです。IMG_3772

 

椅子やテーブルのデザインがバラバラなのに、なんだか統一観があって可愛いのもセンスが感じられます。

IMG_4004

天井から吊るされているランプも暖かい雰囲気を演出。IMG_3771

カフェであり、書店でもあり、また様々なイベントを開催する場所でもある閲樂書店は「A Birthplace of Ideas」というキャッチコピーでも知られているようです。

 

「A Birthplace of Ideas」ータバコ工場もこの託児所も日本統治時代に出来た建物で、多い時は1000名以上もの従業員が働いていました。
IMG_3997

 

う〜ん、はしごも本棚も絵もレイアウトが可愛い!IMG_4010

あまりに居心地がよいため1日ここで過ごしたいくらいでしたが、今回は短い滞在だったので泣く泣く離れました笑

 

台北に行く機会があれば是非立ち寄ってみてください。

 

「閲樂書店」への行き方はこちらの記事「誠品生活 松菸店」への行き方とまったく同じですので、こちらからどうぞ。

シドニーでの毎日
Sponsored Link